ブログトップ

蒼穹ぬムリカ星~琉球的徒然草~

murika.exblog.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆

カテゴリ:とぅるるん滞在記( 78 )

4kyodai
b0070572_0473610.jpg


風変わりな名前のカレー屋さん。名前の由来は兄弟が交代で店主になるからとか。
b0070572_0492421.jpg


具材に石垣牛とはまた違ったブランド牛、美崎牛が使われています。
レトルト味ではない本格的なルーに、柔らかビーフがマッチして美味しかったです。

まぐろ専門居酒屋ひとし

b0070572_0543261.jpg


観光客より地元の人たちに人気があるという居酒屋。
とりあえずの一品はやっぱりマグロのお刺身。
b0070572_0555976.jpg


石垣牛の握り。塩&タレ。
b0070572_05708.jpg


うに軍艦&大トロ炙りにぎり。
b0070572_058228.jpg


沖縄らしさよりも純粋に味を求める人におすすめのお店です。

メンガテー

b0070572_103220.jpg


某呪文と間違えそうなちょっと怪しげな雰囲気のお店。
しかし中に入ってみるとまったく怪しいことはなく、
本格的沖縄おでんと八重山そばが味わえます。
b0070572_134287.jpg


おでんのお出汁が煮詰まった深夜1~2時頃に訪問するのが通だそうです。
明石食堂
b0070572_164481.jpg


石垣島北部にある有名店。
一般的な八重山そばとはまた違った感じですが美味しいです。
b0070572_182557.jpg


絶品トロトロソーキ。
本当に口の中でとろけます。
b0070572_193097.jpg


トミーのパン
b0070572_1153366.jpg

意外と今まで食べたことがありませんでした。
カレーパンを狙っていましたが、時間が遅かったためほとんど売り切れ。
かろうじて残っていたアンパンを買いました。
ふんわり良い感じでしたが一人で食べるにはちょっとデカイ・・・。
b0070572_1141328.jpg



HAN'S石垣店
b0070572_116627.jpg


ウエスタンスタイルのステーキ店。
1000円ランチでボリュームたっぷりのステーキに、
サラダ、スープ、ライスがおかわり自由というリーズナブルさ。
b0070572_1173041.jpg


石垣牛ではなくオージービーフでしたが、柔らかいい肉が使われていました。
b0070572_1185819.jpg


お手軽にお肉がたっぷり味わえると気に入りましたが、
食べログのほうをみてみると閉店の文字が・・・。


最後に石垣空港で記念撮影。
b0070572_1211893.jpg


新空港ができたらこのシーサーらもお役御免でしょうか。
[PR]
by chunse | 2012-02-08 01:24 | とぅるるん滞在記
今回の旅行は珍しく仕事が三連休となったことから、
急遽思い立ったので特にこれという目的はありませんでした。

滞在中、何か面白いイベントはないものかとネットで調べていると、
琉球大学の八重山芸能研究会の発表会があることがわかりました。

八重芸といば2002年の大阪公演で初めてその舞台を観て、
そのレベルの高さに驚きました。

その舞台が本場で観られると舞台当日に石垣入りし宿にチェックイン後、
タクシーを飛ばして会場入りしました。
会場となったのはとぅばらーま記念碑近くにある
平真小学校体育館です(と言っても一般的にはピンときませんか)。

あまり大々的に宣伝されてないせいか、
観客はほとんど地元、それも学校近所の住人という感じで、
観光客らしき姿は自分以外みあたりません。

すごく穴場な舞台に居合わせているという期待感のもと幕があがりました。

幕開けは赤馬節。
b0070572_0564199.jpg


豊穣への願い「東節」。
b0070572_0584549.jpg


「南風ユンタ」を歌いながら昔の稲刈りを再現。
b0070572_11837.jpg


浜遊び。
b0070572_113287.jpg


宴もたけなわの頃アブジャーマが登場。
b0070572_124153.jpg


最後は六調から弥勒節~やらよう節でした。

なんとも楽しくも濃ゆい時間を過ごせましたが、
昔と比べると部員がずいぶん少なくなっているとのことでした。
よく「若者のナントカ離れ」という言葉を聞きますが、
若者の芸能離れが進んでいるんでしょうか。

その後は安里屋跡地にOPENしたあさどやーへ。
b0070572_1931100.jpg


客が自分と常連さんだけだったのでステージはどっぷり八重山民謡三昧でした。
なおいったん閉店した安里屋は別の場所でリニューアルオープンしています。
[PR]
by chunse | 2012-01-29 01:14 | とぅるるん滞在記
思いがけず三連休ができ温泉に行くかどうかで迷いましたが、
久しぶりの八重山のほうに行って来ました。
b0070572_10472695.jpg


例年この時期は天気が今ひとつなので、
曇り空ににわか雨くらいは覚悟していましたが、
見事にピンポイントで大雨に遭遇・・・。
しかし旅先での雨にはすっかり慣れっこになっているので、
「台風に遭わずによかった!」
と、ポジティブに思えるようになりました。

で、レンタカーを借りてこれまで訪れていない場所を中心に、
石垣島を一周しました。

当初の計画通り空港ができていたらこの風景はなかった白保の海。
b0070572_10521738.jpg



こちらが2013年3月開港に向けて建設中の新石垣島空港。
建設現場を眺めるために展望台を設けるあたり、
景気回復への期待が伺えます。
b0070572_10534113.jpg


b0070572_1054339.jpg


b0070572_10542711.jpg



ざわわ。
b0070572_1155332.jpg



晴れていれば絶好のビューポイントである玉取崎展望台。
写真には撮れませんでしたが、野生のウサギがいました。
b0070572_10551422.jpg



ここで曇り空から本格的な大雨に。
b0070572_10563668.jpg


シーサーの置物でよくみかける米子焼きの工房。
店頭に立ち並ぶ巨大なオブジェが異彩を放っています。
b0070572_10575765.jpg


b0070572_1057358.jpg


こいつはいったい何者?
b0070572_10581776.jpg


観光地パンフでよくみかけながら今まで行ったことのなかった石垣島の鍾乳洞。
同じ場所に石垣島鍾乳洞と八重山鍾乳洞とふたつあります。
八重山鍾乳洞は動物園があったりオプションが充実している感じでしたが、
より本格的な鍾乳洞らしい石垣島鍾乳洞のほうに行きました。
b0070572_1131318.jpg


観葉植物としてのオオタニワタリ。
b0070572_1142811.jpg


いざ地底世界へ!
b0070572_1151643.jpg


中は思ったより長く広いです。
b0070572_1194149.jpg


鍾乳石の赤ん坊。これが長い年月をかけて育ちます。
b0070572_11122239.jpg


名物らしいイルミネーション。
綺麗ですが肝心の鍾乳洞がみえません。
b0070572_11124117.jpg


受験生岩。他にもトトロ岩なんかも。
b0070572_11125774.jpg


エイリアンが出てきそうです。
b0070572_11131855.jpg



天気が良ければ天文台や群星御嶽などにも行きたかったのですが、また次の機会に。
[PR]
by chunse | 2012-01-21 11:22 | とぅるるん滞在記
今帰仁では「海辺の宿」に泊まりました。
b0070572_315441.jpg


b0070572_3311467.jpg


名前の通り宿の周りは海と山に囲まれていて、
シュノーケルやカヤックなどが自然体験ツアーが楽しめます。
天候不良のためシュノーケルは出来ませんでしたが、
せっかくのなので宿の周辺を散策しました。
宿のすぐ目の前が海です。
b0070572_3212855.jpg


b0070572_3225965.jpg


b0070572_3232627.jpg


山手の方に向かうといろんな植物、昆虫の姿が。
b0070572_3243371.jpg


b0070572_3245441.jpg


b0070572_3251147.jpg


b0070572_3254817.jpg


b0070572_3261034.jpg


変わったところでこんなモノもありました。

地上からの高さが100M、羽1枚の長さは33Mという巨大さです。
そうこうしているうちに日が暮れてきて、宿へと戻りました。
(周辺はハブ注意となっています)
b0070572_330665.jpg


夕食。前日に続いてこちらもなかなか豪華でした。
b0070572_3323355.jpg


このあと懇親会というのがあったのですが、
夕食時に飲んだビールでほろ酔いとなり部屋で寝てしまいました。
懇親会に参加できずちょっと心残り・・・。

翌日、再度のシュノーケルツアー参加をすすめられましたが、
帰りの飛行機に間に合わないため泣く泣く断念。

那覇に戻って本島に来たときはかなりの確率で寄っているジャッキーステーキで、
柔らかステーキを食べて沖縄を後にしました。
b0070572_3404375.jpg



これで今回の沖縄滞在記は終わりですが、
神戸空港から三宮に向かう電車内で見た夕日が
綺麗だったので写真を載せておきます。
b0070572_3433957.jpg



しかし、今回はイベントと縁がないぶん食べてばかりいますね~。
次回、行くときはどっぷり唄や祭りに浸りたいな~。
[PR]
by chunse | 2011-10-09 03:43 | とぅるるん滞在記
沖縄2日目。この日はもうひとつのメインであったシュノーケルツアーへの参加を予定していましたが、波が荒れているとのことで中止になってしまいました。
それならば一人でも潜る?
さすがにそんな無謀なことはしません。
少し前にも川平湾でシュノーケルをしていた二人組が離岸流に流されて救助されるという事故がありました。
自然は怖いです。

急に予定が空いてしまいました。
久しぶりに今帰仁城に行くか美ら海水族館に行くか考え、
ふと大阪の知人が本部に移住していることを思い出し訪ねてみることにしました。

渡久地港。三線があれば本部ナークニーでも弾いてみたいところです。
すっかり歌も手も忘れていますが。。
b0070572_23395389.jpg


b0070572_1412613.jpg


遠くに見えるのは海洋博公園。
b0070572_23392041.jpg


本部といえばきしもと食堂が有名ですがこの日は定休日。
b0070572_2340439.jpg


そこでつる家というお店の沖縄そばを食べました。
3枚肉が個性的でした。
b0070572_23422446.jpg


沖縄ぜんざいで有名なお店。
b0070572_2343850.jpg


b0070572_23432443.jpg


上原三味線店。
いいヘビ皮を使うということで知られてます(一部では)。
自分も以前、こちらで皮をはってもらったことがあります。
今は残念ながら破けてしまいましたが。
b0070572_23451862.jpg


知人のお店に寄りました。
b0070572_234655.jpg


町おこしのため頑張ってはるようです。
b0070572_23464959.jpg


b0070572_23471379.jpg


その後、車で今帰仁の宿まで送ってもらいました(感謝!)。
[PR]
by chunse | 2011-10-02 23:49 | とぅるるん滞在記
6年ぶりに国際通りをブラブラしました。
b0070572_16132311.jpg

ずいぶん知らないお店が増えましたね。
前回訪れたときと比べ半分以上のお店が入れ替わっている感じです。
b0070572_16135649.jpg

なぜかお土産屋にはアクビちゃんコラボ商品を数多くみかけました。
b0070572_16142198.jpg

ほのぼのした光景ですがみようによっては羞恥プレイ。
b0070572_16185777.jpg

華やかな国際通りをふと横に曲がると、こんな下町っぽい通りもあります。
こういう通りのほうがなんだか落ち着きます。
b0070572_16144791.jpg

牧志市場。鮮魚、精肉、かまぼこなどのお店が集まっています。
b0070572_16151144.jpg

カラフルな沖縄の魚たち。車エビでかすぎ!
b0070572_16201012.jpg

2階は食堂になっています。市場で買った魚などを持って行くと調理もしてくれます。
b0070572_16152882.jpg

すっかり陽も暮れた頃、宿に戻って夕食を取りました。
アレンジされた沖縄料理の数々。ちょっとしたレストラン風。
b0070572_16155089.jpg

その後、泡盛を飲みながらまったりユンタクしたあと、
今回の旅行のメイン目的ともいえるアノ魚を食べるため夜の街へ。

味処喜作。沖縄料理と大東寿司が味わえます。
b0070572_16163833.jpg

大東寿司。ネタはサワラの醤油漬け。
b0070572_1616167.jpg

大東まつり寿司。こちらでいう伊達巻ですね。
b0070572_16165439.jpg

さて目的の魚は禁断の魚として知られています。
注文するときはこっそり店員さんに耳打ちしなければいけないのでは、
とか考えていましたが、堂々とショーケスに置かれていました。

注文したのは禁断の魚寿司2貫。
b0070572_1617676.jpg

歯ごたえのある大トロという感じで旨い!
刺身の方も食べてみたいところですが、後が怖いのでやめておきました。

沖縄1日は満腹な夜となりました。
[PR]
by chunse | 2011-09-30 21:37 | とぅるるん滞在記
久しぶりに沖縄本島へ旅行に行こう!
と思い立ち準備をすすめていましたが、
直前に台風15号が本島付近に居座り続けたため、
直前まで今回は中止かもと心配しながらの出発となりました。

神戸空港から那覇空港に到着し、まずは宿に直行です。
b0070572_004933.jpg


たつや旅館那覇店は以前、奄美に旅行したときお世話になった宿の系列店です。
部屋は清潔な洋室。
b0070572_024024.jpg


室内は立派なお風呂付き。
b0070572_012777.jpg


宿で自転車を借りて市内観光に出かけました。
まずはHさんにすすめられたイカしたカフェ・セテールへ。
b0070572_042440.jpg


なぜ沖縄にイカ焼きが?
なんでもママさんがもともと大阪の方で、
7年前にこちらに移住してこのお店を開いたそうです。
b0070572_072375.jpg


中学校が近くにあり学生に親しまれている感じでした。

続いておとずれたのは波の上ビーチ。
何度も那覇に訪れていますがこんなまったりスポットがあったとは!
b0070572_0232887.jpg


ビーチのすぐ横には波上宮があります。
b0070572_0105459.jpg


こちらの神社は熊野信仰の系列だそうです。
b0070572_0114742.jpg



そこから自転車を飛ばして国際通りへと向かいます。
[PR]
by chunse | 2011-09-28 00:16 | とぅるるん滞在記
b0070572_112245.jpg旧盆中は臨時休業しているお店も多いようでうす。

b0070572_1135259.jpg左がオス、右がメスとありましたが、違いがよくわかりません。

b0070572_115595.jpg世紀末御当地伝説・・・。

b0070572_1155793.jpg八重山スタミナラーメン。ネーミングといい、モデルは天○スタミナラーメン?

b0070572_1181060.jpg八重泉酒造から新発売の泡盛「群か星」。なにやら他人のような気がしません。コーナー内に「むりかぶしゆんたの由来」というのが紹介されていました。



~「むりかぶしゆんた」の由来(抜粋)~
昔、八重山の島々は琉球王朝からの重い年貢の取立てに苦しんでいました。
それをみていた天の王様が南の七つ星に島を治めるように命令しましたが、
南の七つ星は「できません」と返事をし、
怒った王様は南の七つ星を南の空においやり舞い踊りをさせました。
次に北の七つ星に島を治めるように命令しましたが、
北の七つ星は「できません」と返事をし、
怒った王様は北の七つ星を北の空においやり組み踊りをさせました。
やがてちいさなむりかぶしが王様の前にすすみでて
「わたしにやらせて下さい」と言いました。
「お前のような小さな星が島を治められるのか」と王様がたずねると、
むりかぶしは「はい、できます」と大きな声で返事をしました。
王様はたいそう喜んで、
「お前はいつも島全体が見えるように天の真ん中を通りなさい」と命じました。
それ以来、むりかぶしは東から昇り天の真ん中を通って西に沈むようになりました。
そして島の人々に季節と農作業の時期を知らせました。
[PR]
by chunse | 2009-09-13 01:32 | とぅるるん滞在記
黒島に到着。
旅行中、少し通り雨に逢いましたが、
ほぼ快晴に恵まれました。雨男の名も返上!?
b0070572_19582043.jpg


野球ボールが動いていると思ったら、ヤドカリでした。
デ、デカイ!!
b0070572_19593513.jpg


黒島で一番のお気に入り場所の西の浜。
b0070572_201282.jpg


[PR]
by chunse | 2009-09-12 20:01 | とぅるるん滞在記
竹富島の集落をぶらぶらしていると、いろんな発見があります。
b0070572_2317961.jpg


小学校も島らしいつくりをしています。
b0070572_23181874.jpg


散歩中の牛に遭遇。
b0070572_23183512.jpg


この猫、なにかに似ていると思ったら・・・、おおキカイダーみたい(古い!)。
b0070572_23214839.jpg

[PR]
by chunse | 2009-09-09 23:22 | とぅるるん滞在記