ブログトップ

蒼穹ぬムリカ星~琉球的徒然草~

murika.exblog.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆

<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

b0070572_2363692.jpg


「車の運転前、未成年の方はご遠慮ください」
との注意書きがあります。

b0070572_2365842.jpg



小気味良いプヨプヨ感、そしてほどよい甘さに泡盛のほろ苦さがマッチしていて意外と美味!
[PR]
by chunse | 2006-10-28 23:05 | 食べる
更新頻度は今ひとつですが一応、
このブログを含めて3つのブログを持っています。

それぞれ写真、琉球関係、不特定と内容が違うので
検索ワードにも違いがみられます。
 
各ブログの検索ワード上位3っつは以下の通り。

「蒼穹ぬムリカ星」(先月分)
 1位・・・インガンダルマ
 2位・・・美童物語
 3位・・・ちゅんせ
 ※実際には「ムリカ星」が1位なのですが、
  自分がこのワードでよくアクセスしているので除外しています。

「イーハトーヴの森」(過去4ヶ月分)
 1位・・・ブリブリ人形
 2位・・・白梅二椿菊図
 3位・・・テルーの唄

このあたりは旬ネタが上位を占めております。

しかし、よくわからないのがこれです。

「あかなーぬニヌファ星」(最近1ヶ月分)
 1位・・・竹下龍
 2位・・・大正区 エイサー祭り 2006
 3位・・・あかなー

1位に竹下龍。
・・・なぜ?
[PR]
by chunse | 2006-10-25 00:15 | 雑感
石垣島シリーズ(?)の最終回です。

石垣島滞在中、ずっとぐずついた天候でしたが、
最終日になって腹が立つほどの晴天となりました。

このまま帰るのもなにか悔しいので短時間ながらレンタカーを借りて、
島巡りをしました。

b0070572_1682799.jpg


     観音埼灯台。唐人墓のすぐ近くにあります。
b0070572_16124016.jpg


     唐人墓。装飾が飴細工みたいで、不謹慎にも美味しそうにみえました。
b0070572_16114299.jpg


     御神岬。ものすごい強風でしたが、迫力ある風景でした。
b0070572_1691539.jpg


     川平湾。昨日も雨のなか行きましたが、やはり晴れているほうが格別ですね。




                  (おまけ)
b0070572_17353746.jpg


Pらんどの知る人ぞ知る朝からステーキ。
この宿は夕食の泡盛を飲みながらのゆんたくが楽しいのですが、
今回は前夜祭と大会があったのでそれに参加できず、ちょっと残念です。
[PR]
by chunse | 2006-10-20 20:38 | とぅるるん滞在記
天神橋商店街の百均ショップで偶然、
ガジュマルを発見して衝動買いをしてしまいました。
b0070572_16132815.jpg


南の木が果たして冬を越せるのか、ちょっと心配です。
[PR]
by chunse | 2006-10-18 16:14 | 雑感
b0070572_2435554.jpgb0070572_244775.jpg

b0070572_2444946.jpgb0070572_2453256.jpg

雨天の為、とぅばらーま大会は石垣市民会館大ホールでおこなわれました。

1時間ほど早く会場入りすると、客席にはまだ誰も来ていません。
席を確保して大会が始まるのを待ちます。

19時ちょうどに大会が始まり、
歌唱の部では審査で選ばれた23名の出場者がとぅばらーまを歌いました。
レベルの高いとぅばらーまが次々と披露される光景は、迫力があり圧巻です。
でも、緊張のため実力を出し切れなかったのでは、
という印象を受けることもしばしばありました。
あたりまえのことですが、これだけの舞台になるとひときわ緊張も大きいようです。

歌唱の部審査中に、歌詞部門上位入賞作品が歴代大会チャンピオンによって歌われました。
ちなみに最優秀作品は、今年、甲子園を湧かせた八重山商工ナインがテーマです。
世間に鳴響まり 花ぬ甲子園
八重山ぬ肝ぬ子 思ば叶し
ンゾーシーヌ 肝ぬ子ゆ
旬ですね。
また佳作作品は発表だけで歌はつきません。
せっかくだから歌ってあげればいいのに、とも思いましたが時間の都合でしょうか?

そして糸満とぅばらーま大会で優勝したチュニジア出身のブリさんが、
ゲストでとぅばらーまを歌い、会場から大きな拍手をもらっていました。
歌もさることながら、ウチナーグチトークをおこない地元の人々を湧かせるなど、
ブリさん、おいしすぎ!

最後に審査委員長による総評がありました。
「毎年、新しいとぅばらーまの歌詞が生まれているのに、大会で歌われる歌詞は古いものばかり。新しい歌詞にもチャレンジして欲しい。またとぅばらーまには様々な歌い方があるが、皆、同じ歌い方になってしまっている」

まったく同感です。
白保とぅばらーまやどぅなんとぅばらーまなどの名人による競演、みてみたい!!
でも果たしてそれが出場審査に通るのか、
また発声などが違う唄の優劣を比較できるものか、という不安もありますが・・・。

b0070572_2461463.jpg


大会後は市民会館近くの居酒屋さんへ。

その場の雰囲気で
みんなでとぅばらーまをまわしました^^。
[PR]
by chunse | 2006-10-17 10:00 | とぅるるん滞在記
b0070572_22311739.jpg

八重山笛練習会後の飲み会風景。
鳴らない~!
[PR]
by chunse | 2006-10-14 22:31 | 雑感
b0070572_15492120.jpgb0070572_15493366.jpg


石垣島2日目、市役所近くにある「島そば一番地」で、
仲間たちと待ち合わせをし、レンタカーを借りてドライブをしました。

島の外周道路を走っていると、看板が外れポールだけになった道路標識や、
葉っぱがなくなったり、幹が折れてしまった木をやたら見かけました。
被害総額10億円ともいわれている先の台風13号の傷跡です。

現地での話を聞いていても、今までにない大きな台風だったようです。

b0070572_1553381.jpg標高282mの野底岳に登るべく、東周りルートにある大野に最近、新しく出来た野底林道に入りました。すると、この林道も台風13号の影響で山肌が崩れていたり、木が倒れていたりと、えらい状態です。進めるのか不安になりましたが、応急的に倒れた木の枝が切られており、辛うじて車一台分、通れるようになっていました。

b0070572_15533240.jpg野底岳の遠景。この尖った頂を目指します。野底岳の登山ルートには、この大野方面の他に野底方面の麓から登るルートもありますが、頂上までたっぷり1時間はかかるそうです。今回、登った新しいルートだと大体10~15分で頂上にたどり着けます。

b0070572_1554483.jpg



登山道は細くなっていて、すぐ見失いそうになります。また急坂が多く、短時間とはいえけっこう息が切れました。

b0070572_1554319.jpg




この看板がみえたら、頂上はもうすぐそこです!

b0070572_15545872.jpg


              マーペー伝説を紹介する立て札。
b0070572_15552017.jpg


頂上からみた風景。
頂上付近は岩場になっていて、そこから360度のパノラマが拝めます。
しかし、伝説のとおり黒島をみることはできません。
  
サー島分りでうふぁられ ヨースリ
  組分りでうふぁられ つんだらつんだらヨー
  うばたんがどぅけなり ヨースリ
  野底にばぎられ つんだらつんだらヨー

(島を離れること、村を離れることを命じられ
 私は愛する人と別れて、野底村に連れてこられました)

強風が吹きぬけるなか、お約束の「つんだら節」を歌いました。

b0070572_1555442.jpg


野底岳に登ったあと、石垣島最北端、平久保崎灯台にも行ってみました。
天気が良ければ、もっと素晴らしい風景だったろうに・・・。

b0070572_1556350.jpg

久宇良の松林にあるマイナマ岩。昔、川平に住んでた美しい娘さんが、無理やり平久保に嫁ぐことになり、その道中にその娘さんが岩になってしまったとの言い伝えの残る岩です。マーペー伝説と同じく悲しいお話です。マイアナとは「かわいいお嫁さん」という意味だそうです。


このあたりから、時々降っていた小雨が、本格的な雨に変わりました。
今夜、真栄里公園で行われる予定のとぅばらーま大会はどうなることやらと、
みんなして気にしていると、ブ○さんから市民会館に変更になったとの連絡が。
う~ん、残念!!
[PR]
by chunse | 2006-10-10 15:56 | とぅるるん滞在記
b0070572_1684247.jpg

3番あこうの木がある小さな広場でおこなわれるなかどぅ道ぬとぅばらーま


とぅばらーま大会前夜祭として開催され、
本大会とは違い誰でも飛び入りで参加できます。
19時から主催者の挨拶がはじまり、
エントリー、飛び入り合わせて40名ほどが各々のとぅばらーまを披露しました。
また会場では先日、大阪から石垣島へ移住したU先生や、
昨年の伊良部トーガニー大会以来になる知人とも再会しました。
b0070572_16175232.jpg

             とぅばらーま舞踊。男女の恋を表現しています。

b0070572_16184195.jpg

          世界にひとつだけ!?なんと箒でできた笛。しかも二人用です。

b0070572_16203030.jpgb0070572_16204750.jpg

b0070572_16211981.jpgb0070572_16214399.jpg

明日の大会に出場する人、島のおじい、県外からの飛び入り参加者、
いろいろな人が出演して会場の雰囲気もほのぼのしています。
自分も「いずすどぅ主」という言葉を信じて、飛び入りしました。
まさに唄の本場で歌うわけですから緊張しましたが、
会場内にある唄が好き、とぅばらーまが好きという共通の想いのようなものが感じられて、
とても気持ちよかったです。

前夜祭が終わったあとは仲間と、
寿司太郎、芭蕉布、バナナカフェ(三線カフェが夜はショット・バーになります)
と飲み歩き、宿に帰ったら夜中の3時をまわっていました。
でも、終電を気にしなくてもいいというのは、つくづくいいですねぇ~。
b0070572_16342298.jpg

              寿司太郎の鮪握り盛り合わせ。

b0070572_16355710.jpg

                    同じく石垣牛の握り。

b0070572_16364250.jpg

             U先生、すっかり地元に溶け込まれています!
[PR]
by chunse | 2006-10-07 16:21 | とぅるるん滞在記
伊丹空港から出ている石垣島直行便を利用しました。
出発ゲートからバスに乗り飛行機まで移動します。
そのバスになんと兵庫国体に出場していた八重商ナインが乗り込んできました!
石垣島に帰る便が偶然一緒だったわけですが、
間近で伊志嶺監督や大嶺君らをみることができ、ちょっと感動しました。

さて今回の石垣島行きの目的は平成18年度とぅばらーま大会をみるためです。
2年前にもとぅばらーま大会をみに行きましたが、
そのときは台風接近による大会順延によりみることができませんでした(前夜祭は楽しめました)。

今年は台風の心配はないだろうと思っていたら、
ちゃっかり直前に二つの台風が発生しました。
八重山諸島からはかなり離れた東の海上とはいえ、そのせいで石垣島は曇り模様。
風もなにやら台風ぽい・・・。
b0070572_1485388.jpg


とりあえず昼食をとろうと、空港近くにある石垣屋という石垣牛のお店で焼肉御膳を食べました。最近、石垣島に来ると、石垣牛を食べることがパターン化しています。


時折パラパラと降る小雨に冷や冷やしながら、
とりあえず宿でのチェックインを済ませ市内散策に出かけました。

b0070572_1514012.jpgあやぱにモール近くに新しく出来た三線カフェ。見た目は普通の喫茶店ですが、1,500円で三線指導も受けることが出来ます。コーヒーを飲んでいると、隣の席で三線指導が始まりました。1時間で「花」が弾けるとあり、果たして本当に弾けるようになるのか気になりましたが、あまり長居もしていられないので、途中でお店をでました。

 
b0070572_1591583.jpg

     ナチュラルレコード!?楽器屋にあったこのCDをみて一瞬、びっくりしました^^。


夕方、公設市場2Fにあるパーラーで、
やはりとぅばらーま大会をみにやってきたMさんとNさんと合流して、
みんなで天候を気にしつつ前夜祭のおこなわれる3番アコウの木に向かいました。
[PR]
by chunse | 2006-10-06 02:16 | とぅるるん滞在記
b0070572_21342690.jpg

最優秀賞嘉良賢治、優秀賞黒島新、優秀賞比嘉真優子、努力賞渡久山南葵
[PR]
by chunse | 2006-10-04 21:34 | 行事・イベント