ブログトップ

蒼穹ぬムリカ星~琉球的徒然草~

murika.exblog.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆

<   2006年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

一年ぶりのしま唄格言集第3弾です。

「唄えるだろうと唄えないだろうは同意語」
「たぶん唄えるだろう」という唄は、本番で失敗しやすい。

「新・安里屋ユンタを深く唄う」
初心をおろそかにしないこと。

「三線は弾いてみて、笛は吹いてみよ」
実際に経験してみないと、善し悪しはわからない。

「馬の耳にとぅばらーま」
もののありがたみがわからない様子。

「かけつけ3曲」
飲み会に遅れたときの罰ゲーム。

「十曲聴くよりも、一曲唄え」
聴くよりも唄ったほうが、憶えるのが早い。

「唄は小出しにせよ」
唄える唄を得意気にひけらかすのではなく、
その場に合わせて少しずつ唄うのがよい。

<関連>
しま唄格言集
新しま唄格言集
[PR]
by chunse | 2006-12-30 12:53 | ふりむんなくとぅ
古謝美佐子さんの特集番組があるようです。

「平和を願う子守唄」
1月8日(月)6:30~6:53
NHK総合

朝、早すぎ!!
[PR]
by chunse | 2006-12-29 01:05 | 耳より情報~号外
吹田の奄人に行ってきました。

そこで三線関係の知人らが7人集まっての飲み会。

互いに「初めまして」の人も多く、なかなか珍しい顔ぶれでした。

b0070572_1210215.jpg




最後は注文してからなかなか出てこず、終電に間に合わないのではと冷や冷やしたミニ鶏飯でシメ。
[PR]
by chunse | 2006-12-28 12:13 | 食べる
b0070572_0142683.jpg今夜は三線クラブの忘年会がありました。イブの夜というのに約100人もの参加者がありました。みんなスウィートな夜や家族サービスはいいの?と思いつつ、自分も人のことは言えませんね。

b0070572_018710.jpg


2次会はミツルへ。狭い店内に30名近くがひしめき合って、なんだかわけがわかりません!



とにもかくにも、皆様、この一年お世話さまでした~。
[PR]
by chunse | 2006-12-25 00:20 | きゆぬ出来事
b0070572_1572664.jpg

くくる屋さんで「沖縄指笛」を購入しました。

そのまんまな名前ですね。
[PR]
by chunse | 2006-12-24 01:58 | こんなのが
b0070572_2292943.jpg「南の風島の唄大地の唄」(まーちゃん)
初めて体験した島唄ライブがまーちゃんでした。知人の結婚披露会のゲストとしてまーちゃんのミニライブがありました。今にして思えばこのことが自分が三線を始めるきっかけになりました。

b0070572_22959100.jpg「涙そうそう」(夏川りみ)
購入したときの記憶があまりなく、自分でも持っていたのがちょっと意外でした。

b0070572_2301753.jpg「さきよだ」(TINGARA)
ユニット名のティンガーラとは天の川のこと。全体的にファンタジックな音楽です。収録曲の「星ぬ子守唄」は、とても悲しい内容ですが好きな歌です。

b0070572_2303868.jpg「ナビィの恋」
映画「ナビィの恋」のサントラ盤です。映画自体が好きだったこともあり、このCDもよく聴いていました。特に誠小が歌う「下千鳥」と「RAFUTI」がお気に入りです。

b0070572_231121.jpg「継いでゆくもの」(寿)
寿は本島出身のナーグシク・ヨシミツさんと広島出身のナビィさんのユニット名です。民謡とオリジナル・ソングを歌っています。何度かライブにも行ったことがありますが、ナビィさんがとてもパワフルです。

[PR]
by chunse | 2006-12-20 14:17 | 見る・読む・聴く
b0070572_2245997.jpg「オキナワ」(ネーネーズ)
初代ネーネーズの解散を記念して製作されたメモリアルアルバム。「平和の琉歌」「ウムカジ」「黄金の花」など大好きな歌がたくさん収録されています。

b0070572_228115.jpg「海美(AMAMI)」(朝崎郁恵)
初めて購入した奄美民謡のCDです。ピアノの伴奏と朝崎さんの歌声が、独特な世界を創り上げています。収録曲は「おぼくり~ええうみ」「よいすら節」「千鳥浜」。

b0070572_2252180.jpg「故郷・美ら・思い」(元ちとせ)
「ワダツミノキ」がブレイクしている頃に購入。歌手として全国デビューする以前に製作されたアルバムで、22曲の奄美民謡が収録されています。若干17歳で奄美民謡大賞を受賞した実力が伺えます。


b0070572_2254519.jpg「西和美の世界」(西和美)
和美さんは唄の実力もさることながら、名瀬にある郷土料理店「かずみ」のママさんとしても有名ですね。

b0070572_2262175.jpg「アマミシマウタ」(オムニバス)
中孝介、中村瑞希、枚岡奈美、マリカミズキといった将来の奄美民謡を担う若手たちが名を連ねています。若手だけでなくベテラン勢の唄も収録されていて、ある意味お得な1枚です。

[PR]
by chunse | 2006-12-19 01:25 | 見る・読む・聴く
最近はあまりしなくなりましたが、
以前はよく図書館やレンタルショップでCDを借りてきては、
MDに録音してコレクションにしていました。
(ジャンルはポップス、クラッシック、映画音楽、落語などなど)

沖縄関連も例外ではありませんが
意外と購入したCDも多かったりします(大抵は衝動買い)。

全部は大変なので、
そんなCDコレクションの一部を紹介します。

b0070572_2214363.jpg「沖縄民謡」(オムニバス)
コンセプト的には「沖縄の歌 決定盤」と同じく観光客向けぽい感じですが、内容のほうは「とぅばらーま」「小浜節」「加那ヨー」「伊良部とーがに」など本格的な民謡が揃っています。歌っている人たちもかなり豪華です。

b0070572_222116.jpg「七月エイサー」(オムニバス)
「仲順流り」「スーリー東」「カタミ節」などエイサーで演奏される曲が収録されています。唄三線に嘉手苅林昌、太鼓・囃子を園田青年会が担当しています。

b0070572_2223890.jpg「懐かしき故郷」(山里ユキ)
山里さんは大城さんや古謝さんのような派手さはありませんが、じっくり聴き応えのある唄声をしています。収録曲は「徳之島チュッキャリ節」(!)「屋嘉節」「かいされー」「下千鳥」他。

b0070572_223122.jpg「練習用 民謡名曲集」(オムニバス)
三線練習用のCDで音は三線のみで歌はありません。歌詞カードに収録曲の五線譜が載っていて工工四の記号が書いてあります。これが工工四との出会いでした。まだ三線を購入したばかりの頃、これをみてよく練習したものです。持ってはいませんが歌付きバージョンのCDも存在します。

b0070572_2231937.jpg「全国民謡の旅路 沖縄編」(オムニバス)
あのダイソーで売っていた100円CDです。収録曲は「白保節」「国頭サバクイ」「笑い福い節」「花ぬ風車」「赤田首里殿内」「まみどーま」など、妙にマニアックな選曲です。

[PR]
by chunse | 2006-12-17 02:23 | 見る・読む・聴く
はじめて購入した沖縄CDがこれです。

                 「新編 沖縄の歌 決定盤」
b0070572_1425822.jpg


まだ三線にハマる前に沖縄本島を旅行した際、
沖縄らしいお土産にと買いました。
このCDを選んだポイントもブームの「島唄」が入っていたからです。
でも言葉の意味がよくわからないものの、
全体的にリズムとメロディが気に入り、しょっちゅう聴いていました。

収録曲は以下の通り。

「島唄」 「美わしの琉球」 「安里屋ゆんた」 「安波節」
「なんた浜」 「十九の春」 「谷茶前節」 「えんどうの花」
「遊び庭」 「てぃんさぐぬ花」 「沖縄(うちなー)」 「ユイユイ」
「かなさんどー」 「七月エイサー(仲順流り、クーダーカー)」
「カチャーシ(アッチャメー小、唐船ドーイ)」 「花」

いま、改めて見返してみると民謡が少ない!(笑)
[PR]
by chunse | 2006-12-15 13:54 | 見る・読む・聴く
忘年会シーズンで飲む機会が多くなりましたが、

そんなお酒の話題です。

以前にもブログで触れた泡盛軽減税問題ですが、

優遇処置撤廃ムードから一転、

どうやら5年延長で落ち着きそうです。

酒造関係者は、まずは一安心でしょう。


こちらも値上がりする前に泡盛コンクール用の、

新たな泡盛を購入しときましょうかねぇ。
[PR]
by chunse | 2006-12-13 14:03 | 酒・泡盛