ブログトップ

蒼穹ぬムリカ星~琉球的徒然草~

murika.exblog.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆

<   2008年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

b0070572_1331167.jpg3~4年ぶりに玉造の「ゆいまーる」に行きました。場所が表通りより少し奥にあるので初めて行く人は、看板はあれどお店の入り口がないと少し迷うかも。老舗のお店のひとつで、常連さんとおぼしきお客さんたちで賑わっていました。この日はラフテー丼と沖縄そばを注文(炭水化物ばっかし!)。


b0070572_1383172.jpgラフテー丼。
ご飯の上にほぐしたラフテー、しゃきしゃきの玉ねぎ、のり、卵の黄身がのっていました。

これが普通にうま~い!!

b0070572_1404568.jpg沖縄そば(小)。
三枚肉が肉厚です。スープ、麺、三枚肉のバランスがいいですね。


長らくご無沙汰になっているお店を訪問するのがマイブームです。

次はどこのお店を再訪しようか・・・。
[PR]
by chunse | 2008-02-29 01:44 | お店めぐり
とあるサイトの某日記を読みました。

以前に同様のことを直接、聞いたことがありますが、
文章にして読んでみるとなかなか手厳しいご意見・・・。

野球なんかでも優秀な選手ほど、教え下手といいます。
才能のある選手(あまり好きな表現ではありませんが)は、
自身が簡単に出来てしまうばかりに、
なぜ他人に出来ないのか理解できないそうです。
だから単に下手くそ、練習不足に映り、そこばかりを指摘する。

だからといって少年野球チームの選手が監督に対して、

「なぜ打てないのか、どういう練習がいいのか、もっと具体的に指導して下さい!」

とは、まず言えないでしょうね。

でも・・・。

相手のクセを見抜くことが出来ず、技術を言葉にできない指導者。
下手に厳しくされるくらいなら、言われるがままにしていたほうがいいという選手。

一人で出来る人だけが伸びていき、
一人で出来ない人はまったく伸びず、やがて野球をやめてしまう。

そういう世界はちょっと寂しいですね。
[PR]
by chunse | 2008-02-28 09:24 | しまうた雑感
毎年5月に鳩間島でおこなわれている音楽祭にちなんだイベントが大阪であるようです。

自分は当日、所用で行けませんが面白そうなイベントですね。

~300人の鳩間ダンサーズによる圧巻の「鳩間の港」~

どんなんや!(^^)

「鳩間島音楽祭INあめりか村」
日時:4月5日(土)開場17時、開演18時
場所:SUNHALL
前売:4,000円
当日:4,500円
出演:鳩間加奈子、加治工勇、他
[PR]
by chunse | 2008-02-23 17:22 | 耳より情報~号外
b0070572_0444944.jpg阪急・石橋にある「赤瓦」に行きました。最後に訪れたのは池田多田から移転した頃なので、もう5年以上前になるでしょうか(Aママとは昨年、石垣島で偶然お会いしました)。赤瓦オープニングイベントで仲間と一緒に歌ったのも今では懐かしい思い出。

b0070572_0493096.jpgお目当ては比嘉真優子さんの八重山民謡ライブです。前日、大阪市内でもライブがあり、そちらのほうが行きやすかったんですが、久しぶりに「赤瓦」に行ってみたいという思いもあり、こちらにしました。
なにぶんふらりと飲みに行くには場所が遠く、こういう機会でもないとなかなか行けない!

b0070572_0542939.jpg
賞をとるたびに「最年少受賞」との肩書きがついていた比嘉さんですが、この春、高校を卒業して、プロデビューをするそうです。高校生、そしてアマチュア最後のライブとのことで、これまで師匠のもとで学んだ八重山民謡の数々を披露してくれました。
個人的には「しょんかねー」や「小浜節」といった絶唱系の唄が、声に艶があって好きです。
これまで何回も八重山系ライブを観にいっていますが、今回、初めて弥勒~やらようのあとでアンコール曲を聴きました。アマチュア最後ということで「しきたり」をしらない大阪人への特別サービスでしょうか^^。


今後はプロ歌手として活動するとのことで、
唄三線におけるアマとプロの違いってなんだろう?
とふと考えました。

まず最初に思いつくのはその活動で得た収入で生活しているのがプロ、
あくまで趣味の範囲でとどめているのがアマというところでしょうか。

でも歌の世界は必ずしも実力云々とは限らないんですよね。
芸能界をみても歌唱力がなくても人気があればプロとしてやっていけて、
逆に歌唱力があっても人気がないと消えてしまいます。
ある意味、水商売と似ています。

そういうことを踏まえ、単にお金を稼いでいるがどうかの違いだとすると、

プロフェッショナル=専門家
アマチュア=素人

という意味の英語ではない感じです。

全国区でプロデビューといえば奄美の元ちとせさんや中孝介さんなんか有名ですね。
お二人ともすごくシマ唄が上手いのにプロになってから、
すっかり聴く機会が減ってしまいました。
自分がプロの民謡歌手ではなくポップス歌手だということもあるでしょう。
それについてちとせさんが、

「シマ唄は自分の生活の一部。プロとしてのステージでは歌いたくない」

というようなことを言っていました。
こうした唄に対する捉え方は沖縄と奄美とでは、
微妙に違うかも知れませんね。
(奄美では民謡の名人はたくさんいますが民謡歌手は・・・いないのでは?)。

またビジネス面からみると本人が音楽会社と契約し、
その歌は本人だけでなく会社の商品となります。

商品になるとはどういうことか?

商品=利権(収入)。

古典民謡なんかはこうしたネット上に歌詞を書いても大丈夫ですが、
オリジナル曲の場合、歌詞を載せると著作権にひっかかる場合があります。
例えば個人がブームの「島唄」の歌詞の全文をネットで公開すると、
某Jさんから「削除もしくは使用許可をとれ」とのお達しが来るやも知れません。

本人が歌うにしてもプライベートはともかく公の場では会社を通さないとややこしいことになります。

とにかく良くも悪くも利権・お金が絡んできます。

比嘉さんがプロの民謡歌手になるのか、ポップス系歌手になるのかわかりませんが、
どちらにしても歌いたくなくても歌わないといけないということもあるかも知れません。
そのことで唄を嫌いになることなく、もっともっと感動する唄を聴かせて欲しいと思います。
(いらぬお世話ですが・・・)

長年、民謡酒場の舞台に立たれている方がこんなことを言っていました。

「自分の好きな歌だけを歌うだけなら誰にでも出来る。
 お客さんのリクエストにどれだけ答えられるかが大事だ」


その方は民謡歌手ではありませんがその言葉を聞いて、
う~む、プロ(職人)だな~と思いました。

さて今後の比嘉さんですが、本島の国際通りにある「島唄」というお店で働くそうです。
なのでお店に行けば比嘉さんの唄が聴けるかも。
[PR]
by chunse | 2008-02-20 00:49 | ライブ・舞台雑感
寺田町の「清ら島」に行ってきました。
今年の1月から大正にあった「でいご」のYさんがマスターになっています。
それに伴ってかこれまでの「清ら島」は、
沖縄半分、奄美半分という雰囲気でしたが、
料理メニューなど、だいぶ沖縄色が強くなった感じです。
定休日もこれまでの日曜日から火曜日に変更になっています。

b0070572_22394817.jpg

沖縄やきそば。

b0070572_2256336.jpg

海ぶどう。

b0070572_22405286.jpg

タコライス。



さて、この日は一緒になったお客さんに、
沖縄民謡の名人クラスの方が2名おられ、
マスターを含め3名揃い踏みで、
本島の古典民謡の数々をさりげな~く披露してくれました。
古典の特徴としての話には聞いていましたが、
3人の三線の手、歌い方がぴったり同じで感心してしまいました。

こちらも対抗して(冗談です!)、
デンサー節、あがろーざ、とぅばらーまなど歌いましたが、
貫禄がまったく違いますね。
b0070572_22552051.jpg
[PR]
by chunse | 2008-02-14 22:58 | お店めぐり
b0070572_931325.jpg

なにげに「琉球浪漫紀行」という番組をみていると意外な人が!
[PR]
by chunse | 2008-02-09 09:31 | 見る・読む・聴く
2005年に竹富島を訪れた際、
だんだんと観光地化されていくな~という記事を書きました。

過去記事

そんな竹富島に2010年開業を目指し、
平屋40~50戸ほどのリゾート地建設が予定されています。

石垣島や西表島での開発についても、
賛否両論の意見が聞かれますが、
同じような論議が繰り返されています。

最終的には島民の意思が尊重されるべきだと思いますが竹富島に大型リゾート地・・・。
小さな島だけに、その影響がちょっと心配です。
[PR]
by chunse | 2008-02-04 22:05 | 雑感
b0070572_6143264.jpg毎年、上本町の国際交流センターで開催されていている「ワン・ワールド・フェスティバル」に行ってきました。世界の国々(主にアジア)の紹介コーナーや、各国料理の出店などがありました。

b0070572_6151451.jpgさて、今回のお目当ては新垣優子さんの三線ライブです。関西沖縄文庫の金城さんから、「(若いけれども)まるでおばあのような人」という紹介がありましたが、その言葉どおりまったりとしたユンタク&ライブでした。



主な演奏曲・・・「安波節」「デンサー節」「赤田首里殿内」「永良部百合の花」「永良部の子守唄」「あやぐ」「だんじゅかりゆし」など。
[PR]
by chunse | 2008-02-03 06:15 | ライブ・舞台雑感